皮膚に発生する頑固なシミである悩みのかんぱん

かんぱんというのは、いわゆるシミのことであり、顔に淡褐色のシミとして現れてくることとなります。
このかんぱんは日本人に多く出てしまう症状ではありますが、美容クリニックで改善が出来るのでご安心ください。

 

妊娠時にかんぱんが現れる場合におきましては、妊娠2〜3カ月頃から現れることが一般的となっています。
ただし出産後には次第に薄れてきますのでそこまで心配する必要はありませんが、長期的に続いている場合には美容クリニックへ相談をしましょう。
かんぱんは皮膚の色が浅黒い人ほど引き起こしやすいというデータがあります。
一度出来てしまったかんぱんを長期間放っておくことで、顔全体に広がってしまい治療が難しくなることもあるので早急に診断を受けるようにしましょう。



皮膚に発生する頑固なシミである悩みのかんぱんブログ:20-2-26

「ダイエット中は間食を控えるべき」
というのは、みなさんご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
食べる事を食べてから数時間で腹がすいてしまい、
手軽に腹を満足させるために、
おやつなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で身体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて身体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい身体になっていくわけです。

また、腹がすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むおやつなどを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもおやつのほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおやつなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的には腹が満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食べる事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
身体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しく腹が減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。